沖縄仲介業者の見極め方☆マイホーム売却のパートナ選び

2020/9/18

沖縄仲介業者の見極め方☆マイホーム売却のパートナ選び
沖縄で良い仲介業者との出会いは、愛着のあるマイホームを売却する時に頼りになります。相性の良い沖縄の仲介業者と二人三脚で売却活動を進めるだけで、価格にも差が出るケースは多いです。

現代は一括査定ができるサイトもありますが、訪問査定は査定額を知るためだけでなく、不動産売却のパートナーとなる沖縄の仲介業者を探す目的も意識してください。

ただ、不動産は大きなものだけに何度も経験ができる訳ではありませんので、ついつい流されるまま、パートナー選びを間違えてしまうこともしばしばです。

そこで今回は、不動産査定の流れと売却の成否を決めるパートナー、沖縄の仲介業者を見極めるポイントをお伝えします。

 

沖縄仲介業者の見極め方☆
マイホーム売却のパートナ選び

 

不動産査定の流れ

不動産査定の流れ
沖縄の仲介業者との出会いは査定依頼から始まります。最終的にはいくつかの不動産会社に焦点を定めて、訪問査定の依頼をしながら見極めますが、まずはインターネット上の査定サイトで机上査定をしてみてください。

【 沖縄の仲介業者を見極める☆一括査定 】

★ 候補となる沖縄仲介業者を探す目的だけではなく、後々対等に話をするためにも、まずは自分自身で対象不動産の査定価格の目安を見てみることが有効です。

→ 必要事項を記入すれば査定額が算出されます。

※ この査定額は路線価や周辺物件の取引データをベースに算出されたものです。今後の査定のベースとなるざっくりしたもの、ととらえてください。

 

その後に、候補に挙がった沖縄仲介業者とコンタクトをとり訪問査定を依頼します。訪問査定は訪問日時の確定→現地調査→査定結果の報告という流れです。

実際に現地調査を実施するので、訪問査定はより詳細な査定となります。

【 沖縄の仲介業者を見極める☆査定依頼 】

★ 訪問査定は必ず複数の不動産会社に依頼してください。「プロが査定をするのだから、沖縄のどの仲介業者でも同じでは?」と考える売り主が大半なのですが、実はチェック項目や査定額の決め方で大幅に変わります

→ 複数の沖縄仲介業者から査定額を出してもらい、比較・検討することで納得のできる販売額を決められる点が、複数依頼の大きなメリットです。

 

ただし、査定額はあくまでも「売却できるであろう価格の目安」であって決定価格ではありません。売却価格とは違うので、最終的に販売額を決めるのは沖縄仲介業者ではなく、売り主だと考えてください。

【 沖縄の仲介業者を見極める☆比較検討 】

★ また、複数の不動産会社に査定を依頼することは、同時に沖縄の仲介業者の選出作業でもあります。

 

仲介業者は売却の成否を決めるパートナーで、非常に重要な存在です。信頼がおける不動産会社を選ぶ必要があります。

 

仲介業者の見極め方

仲介業者の見極め方
不動産売却の一般的な方法は「仲介」です。沖縄の仲介業者(不動産会社)と媒介契約を結び、広告など販売活動をしてもらいます。買い手が現れて売買契約を結べば売却成立です。

不動産売却のノウハウを持たない売り手の代わりに、プロである不動産会社(沖縄仲介業者)が販売活動を実施するスタイルです。

そのため沖縄の仲介業者となる、不動産会社選びは非常に重要です。ではどのように優秀な仲介業者をみつければよいのでしょうか?

【 沖縄の仲介業者を見極める☆行政処分情報 】

● 沖縄で仲介業者を見極めるポイント①:行政処分情報を確認する

→ 国土交通省ネガティブ情報検索システムを使うと、その不動産会社がこれまで行政処分を受けたかどうかが分かります。

 

行政処分をうけていることがすなわち悪質とは限りませんが、不動産会社を複数から選ぶ場合は行政処分を受けたことがある会社は避けた方が無難です。

【 沖縄の仲介業者を見極める☆物件チェックの様子 】

● 沖縄で仲介業者を見極めるポイント②:訪問査定時の物件チェックをしている様子をチェックする

→ 物件調査をしている際に専有部分だけでなく、共用部分もチェックしているかも確認してください。(マンションの場合)

 

実際の販売には共有部分も大切なファクターとなります。共有部分のチェックの有無は販売の真剣度がわかります。

【 沖縄の仲介業者を見極める☆土地特性の把握 】

★ 仲介業者を見極めるポイント③:土地の特性を把握しているかもチェック

→ 立地や建物以外の目に見えない部分も売却成否に関わってきます。

 

不動産会社が周辺の開発状況や学区など土地の特性を把握しているかどうかも確認してください。

 

契約の様子

契約の様子
沖縄の仲介業者のなかには、売り上げ至上主義の業者もあるかもしれません。その場合、営業担当者に一定のノルマを敷いていたり、営業担当者同士で成績を競わせる方法で、会社全体の売り上げを伸ばす仕組みが働いていることもあります。

この場合、営業担当者自身が悪い訳ではないのですが、どうしても売り上げに意識を取られやすいため、契約を急いでしまう可能性があるので注意をしてください。

決して査定時にその場で契約をしても問題がある訳ではないのですが、売り主に充分な知識がないこと、そして少しでも利益を得たい思いが強い営業担当者の場合には、売り主にとって決して良い状況ではない契約へ進んでしまうことが懸念されます。

【 沖縄の仲介業者を見極める☆営業担当者 】

★ 例えば「専属媒介契約」として、売り主が他の仲介業者との契約ができない形態を取った場合、売り主は自分の不動産がなかなか売れない状況が続いても、他の沖縄仲介業者を選ぶことができません。

→ それどころか専属媒介契約で安心をして、対象不動産の販売(営業)活動を後回しにしてしまうケースもあります。

 

このようなことがないよう、媒介契約を交わす前には知識を充分に持って、焦る営業担当者のペースに左右されず、自分軸で契約を進めるように注意をしてください。

【 沖縄の仲介業者を見極める☆契約形態 】

① ちなみに媒介契約の契約形態3つの種類に関しては別記事にて詳しくお伝えしています。

→ 「沖縄の不動産査定☆専任契約と一般契約どちらを選ぶ?」を参考にしてください。

② また転勤など諸々の事情で販売活動期間が限られている場合には、不動産会社による買取サービスを利用する方法も一案です。コチラも詳しくは下記の記事を参考にして、売却プランを進めてみてはいかがでしょうか。

→ 「沖縄で不動産会社の買取サービスを利用☆メリットデメリット

 

 

いかがでしたでしょうか、今回は不動産査定の流れと沖縄の仲介業者を見極める方法をいくつかお伝えしました。

不動産査定は机上査定を経ての訪問査定となります。訪問査定は複数の不動産会社に依頼してください。訪問査定の際に査定額の確認と共に、沖縄の仲介業者の選定も実施します。

沖縄の仲介業者の選定は行政処分の有無、訪問査定時の共有部分チェックの有無、目に見えない土地の特性の把握有無等を踏まえて判断します。

もちろん、沖縄仲介業者の見極めは会社自体の比較検討も大切ですが、何よりも動いてくれるのは担当者ですから、営業担当者との相性は重要です。誠実そうで一生懸命に動いてくれる、好感の持てる感覚があれば、その感覚も大切な判断材料です。

信頼できる沖縄の仲介業者を見つけることができれば、不動産売却がグッと前進します。

まとめ

相性の良い仲介業者の見極め方

・机上査定→訪問査定を経て販売価格を売主が決める
・訪問査定は複数の不動産会社に依頼する
・行政処分の有無を確認
・訪問査定時の共有部分のチェック有無を確認
・目に見えない土地の特性の把握有無を確認
・営業担当者との相性も大切な判断材料
・仲介業者選びが売却の成否を決める

トップへ戻る