家族のことをうなら
相続問題は、
早期対策大切です。

LIXIL不動産ショップ木立
沖縄相続相談サービス

沖縄相続相談の
お申し込みはこちら

相続サロンとは?

不動産相続に関する悩みや疑問は、不動産相続サロンの専門フタッフにご相談ください。相続税や遺産分割、不動産の処理など、さまざまな相続に関する問題に対応し、スムーズな相続手続きをサポートします。
また、法的な手続きや手続きの進め方についてもアドバイスを行い、相続に関するトラブルを未然に防ぐための支援も行っています。

相続対策の始め方に迷っている方へ
私たちが最初のステップとなるお手伝いをいたします。

木立の3つの強み

セミナー後に
個別相談ができます

セミナー後に個別相談ができます。お気軽にご相談ください。

接客コンテスト
2023審査員特別賞受賞
スタッフ在籍

ERA主催接客コンテスト2023にて、JAL審査員特別賞を受賞したスタッフが在籍。
女性スタッフも参加し、親身に対応いたします。

ERA認定を受けた
専門スタッフが
サポートいたします

ERA(Electronic Realty Associates)より認定を受けた相続コンサルタントと、相続診断士がサポートいたします。

チェックアイコン相続危険度チェック!

当てはまるものがあれば
LIXIL不動産ショップ相続サロンに事前相談を!

財産に
不動産が多い

家族の仲が悪い

再婚している

認知症、障害を
抱えた家族がいる

家族の名前を使って
預金している

借金が多い

連帯保証人に
なっている

相続税がかかるか
わからない

子供がいない

一部の子、孫に
贈与している

LIXIL不動産ショップ
沖縄相続サロン
相談サービス

相続でお悩みのことがあればお気軽にご相談ください。
相続支援コンサルタントがお客様のご希望にそった活用方法をご提案いたします!

LIXIL不動産ショップ相続サロン
開催中!お気軽にご参加ください

セミナーに参加する

予約制で店舗でのご相談を
受け付けております!

店舗で直接相談する

お電話でのお申し込み TEL.098-979-9803

【受付時間】9:00〜18:00【定休日】祝日

不動産相続
ご相談の流れ

01

木立店舗へ
または相続セミナーへ
参加お申し込み

まずはLIXIL不動産ショップ木立へご連絡ください。ご都合の良い相談のお日にちを調整させていただきます。

02

店舗へ・または会場へ
お越しください

LIXIL不動産ショップ木立にてご相談いたします。また、定期的に開催しております相続セミナーでもご相談を受け付けております。

03

相続コンサルタント・
相続診断士とご相談

LIXIL不動産ショップ木立では、ERA(Electronic Realty Associates)より認定を受けた相続コンサルタントが在籍し、お客様をサポートいたします。

万全の体制で
サポートいたします!

全国500店舗のネットワーク

沖縄だけでなく全国500店舗のネットワーク

LIXIL不動産ショップ木立沖縄相続相談サービスは、LIXIL不動産ショップのネットワークを活かし、遠くにある不動産の売買、賃貸のご相談に応えます。

相続税、後見、介護施設、遺言書

どんな相談もワンストップで

沖縄の相続税、後見、家族信託、遺言書、遺産分割、相続登記、
介護施設探し、不動産売買、家探し、家財整理、どんな相談も私たちが対応します。

プロフェッショナルがサポート

プロフェッショナルがサポート

税理士、司法書士、弁護士、行政書士、ファイナンシャルプランナー、相続診断士等のプロフェッショナルがあなたのご相談に対応します。

お客様の声

後見人の問題は考えたことがなかったので、良い啓発の機会になりました。
法律には暗いのですが、話が分かり易かったです。
気軽に相談できる先生方がたくさんいらして、安心感があります。ありがとうございます。

(60代男性)

相続についてわからない点が理解でき、スッキリしました。

(60代男性)

いつでも相談出来るスタッフが揃っているという安心感があるのは大きい。これから必要になってきますのでその時はよろしくお願いします

(60代男性)

LIXIL不動産ショップ
沖縄相続サロン
相談サービス

相続でお悩みのことがあればお気軽にご相談ください。
相続支援コンサルタントがお客様のご希望にそった活用方法をご提案いたします!

LIXIL不動産ショップ相続サロン
開催中!お気軽にご参加ください

セミナーに参加する

予約制で店舗でのご相談を
受け付けております!

店舗で直接相談する

相続サロン動画一覧

沖縄相続相談についての様々な悩みを動画でご紹介いたします。

相続人に長い間連絡が取れない

相続人が不仲

分割困難な不動産、株式がある

財産を把握できていない

一部の子ども孫にお金をあげる

相続が未登記の土地

特定の相続人に多く相続させる

離婚歴がある、再婚している

配偶者、子ども以外に財産を残したい

借地、貸地がある

相続人が遠隔地にいる

財産に不動産が多い

借金が多い

知人への貸付(借用書なし)

密かに遺言書を作成

トップへ戻る

公式インスタグラム公式インスタグラム