【不動産売買のコツ】沖縄で内見希望者が止まった時の対処法

2021/1/20

【不動産売買のコツ】沖縄で内見希望者が止まった時の対処法
不動産の売却活動は、沖縄では内見が大きなポイントですよね。買い手が見学に訪れる沖縄の内見では、その第一印象によってはその場で売買契約の内定が決まることも、少なくありません。

特に観光地でもある沖縄の内見希望者は別荘や投資目的の物件探しも多いため、「住みやすさ」よりも第一印象やイメージを重視する方々もいます。

ですから一般的には、売りに出してから3ヶ月~6ヶ月ほどの売却が目安ですが、2週間ほどで決まってしまう物件も多いです。

けれども一方で、6ヶ月を過ぎてもなかなか売却できない物件もあります。そうなると売り主としては焦りますよね。

今回は、不動産売買において沖縄で内見希望者が止まってしまった時に役立つ、その原因となる可能性と、対処法についてお伝えします。

 

【不動産売買のコツ】
沖縄で内覧希望者が止まった時の対処法

 

沖縄での内見の重要性

沖縄での内見の重要性
沖縄の内見は、業者の行う査定とは違いますよね。査定は不動産のプロである業者が室内をチェックするため、基本的には構造や基盤の状態と言った、目には見えない内部の確認を重視する傾向にあります。

けれども沖縄で内見を希望する人々の多くは一般の方々ですから、どちらかと言えば、内装や第一印象などのイメージで判断しやすいです。

もちろん、目に見えて分かる最新設備やシステムキッチンなどは評価が高いのですが、それも含めて、「家に入った印象」によって人の感情は動きやすい点は、売り主として理解しながら、沖縄でも内見に挑むことをおすすめします。

【 沖縄の内見で印象に残りやすいポイント 】

☆ 買い手の目線で沖縄の家を内見してみてください。家を見渡しながら、「将来の生活」を具体的にイメージできるでしょうか。

→ そしてそのイメージが、夢のあるものになっているかどうか、確認をしてください。広くスッキリとしたリビングや、明るくオシャレな対面キッチンなども、沖縄では内見で評価が高いです。

沖縄の内見では備え付けオーブン食器乾燥機などの機能も評価が高いのですが、何よりも「オシャレな暮らし」を感じることができた時に、即決になりやすい傾向にあります。

ですから、沖縄で内見の多い物件では室内をインテリアコーディネートで演出する、「ホームステージング」を施す事例も増えました。

(ホームステージングについて、詳しくは別記事「沖縄の不動産売却にホームステージング☆魅力的な演出で売る」などをご参照ください。

また、しばしば沖縄では戸建てや分譲マンションを、転勤期間のみなど、賃貸に出すケースも見受けられますが、これは賃貸でも同様のプロセスです。

実際に住むことになる不動産は、購入であっても賃貸であっても、書類上だけでは購入を決められません。

 

沖縄の内見は同席がベター

沖縄の内見は同席がベター
さらに沖縄の内見で意外にも重視されやすい事柄として、売り主の人柄や様を挙げることができます。

沖縄の内見希望者には「運勢」的なものを気にする方も多く、「なぜ売りに出しているのか」や、「売り主の人柄」などを確認して最終的な判断をする方も少なくありません。

ですから、特に売り主がサラリーマンなど、なかなか休みが取れない職種にあると、沖縄では内見を仲介不動産会社任せにしてしまいがちなのですが、購入希望者が即決に至るためにも、沖縄の内見では同席した方がスムーズです。

【 沖縄の内見では同席がベター 】

☆ 同席の際には清潔感のある身だしなみを心掛けるのはもちろん、部屋のスッキリとした様子との相乗効果を目指してみてください。

→ 「きちんとした丁寧な暮らし」を感じさせる人柄と室内は好感度大です。

日々の掃除を通して生活感を消すなどの準備をしておきながら、水回りや四隅など、なかなかキレイにならず不安が残る箇所もあるかもしれません。このような場合は、沖縄では内見が始まる前に、ホームクリーニングに依頼するのも一案です。

このように、沖縄の内見では当日もできるだけ立ち会って、売り主としての安心感をアピールしつつ、物件そのものだけでなく住んでいるからこそわかる周辺情報なども伝えるようにすると、売買契約成立に繋がりやすいです。

 

売りに出してから売却までの期間目安

期間目安
ひと口に沖縄で「内見希望者が止まってしまった…」と言っても、売りに出して翌日早速!と言う訳にもいきません。売りに出してから内見希望者が現れるまでは、物件によってさまざまですよね。

やはり、築年数が浅い(築浅物件の目安として0年~5年)であれば、沖縄でも内見希望者が割と早い段階で現れますし、築10年以上の物件になると、沖縄では内見希望者は現れにくい傾向は否めません。

それでは、どれくらいの期間を目安に対策を取ったら良いでしょうか。

【 沖縄で内見希望者が出ない!対策へ移る目安 】

☆ 一般的に中古物件は売りに出してから3ヶ月~6ヶ月で売買契約が成立しやすいと言われています。

→ 多くの仲介不動産会社との契約(媒介契約)でも長くて半年が多いので、この契約期間満了を機会に、見直しや対策を検討する売り主が多いです。

契約満了まで達しても、沖縄で内見希望者がごく少数しか現れない…、などの流れがある場合、多くは契約自体を見直したり、販売活動の内容や販売価格の見直しが起きると考えます。

 

沖縄で内見希望者が止まる要因

内見が来ない原因
とは言っても、そもそも売却活動をスタートさせても、沖縄で内見希望者がなかなか来ない、もしくは、最初のうちは次々と内見希望者からの問い合わせが来たものの、すぐに止まってしまうこともあります。

【 沖縄で内見希望者が止まる要因 】

① 最初から沖縄で内見希望者が現れないケースでは、周囲と比べて価格相場がズレていたり、周囲から魅力的な販売物件が多数出ているために、HPやチラシなどで埋もれてしまうなどが原因です。

② 一方、後々沖縄で内見希望者が止まってしまうのには、時間が経ち他の物件に埋もれてしまう(HPなどでは物件が奥のページに繰り越されてしまう)などを挙げることができます。

…ただし、最初に沖縄で内見希望者が複数現れたにも関わらず、売買契約成立まで漕ぎつけることができなかったケースでは、やはり物件自体に問題があったと考え、物件の見せ方自体を検討するのもひとつの方法と考えてください。

本記事で前述したようなホームクリーニングや、必要があればリフォーム、もしくはホームステージングなどを試しながら、宣伝活動の見直しにも取り組む必要があります。

このように、売却活動中に沖縄で内見希望者が止まってしまった場合は、不動産の販売方法や内容に何らかの原因があると考えてください。

 

沖縄で内見希望者が現れない時の対処法

沖縄で内見希望者が現れない時の対処法
では、沖縄で内見希望者が一向に現れない場合、どのような対処法があるのでしょうか。一般的には仲介を依頼している仲介不動産会社と相談をしながら、見直し・対策を計っていきます。

一方、仲介不動産会社の宣伝活動に疑問があったり、担当者との相性が悪いなど、引っ掛かる部分があるのであれば、この機会に仲介不動産会社自体の切り替えを検討してみても良いかもしれません。

【 沖縄で内見希望者が現れない時の対処法① 】

● 対処法①: 販売活動内容の見直し

→ 沖縄では内見が止まったら、まずは販売活動内容の見直しが必要です。具体的な手法としては広告の内容確認です。

広告が販売活動の入口です。広告が魅力的でなければ、その先の内見にはつながりません。

自身の物件とそれ以外の広告をよく比較してみて、必要であれば写真や掲載するポイントなどの変更を検討してください。

【 沖縄で内見希望者が現れない時の対処法② 】

● 対処法②:販売価格の見直し

→ 売却を成功させるためにもっとも重要なポイントは価格です。沖縄で内見希望者が止まるということは、価格設定が魅力的でない可能性があります。

周辺で売り出されている物件の情報を収集して料金を比較してみてください。

もし、自身の物件の料金が周辺の物件と比較して高すぎるのであれば内見者が止まるのはそれが原因と考えられます。

買い手としてはなるべく高く売りたいところですが、周辺のマーケット価格とマッチしなければ販売は難しいです。

買い手が現れるのをいつまでも待てるのでなければ、販売価格の見直しを検討してください。

 
 

いかがでしたでしょうか、今回は沖縄での内見の重要性と、内見希望者が止まった時の対処法をお伝えしました。

沖縄では内見は、買い手が購入を決めるための重要なプロセスです。沖縄で内見を成功させるために、買い手は日々の掃除などできるだけ準備する必要があります。

沖縄で内見希望者が止まってしまった場合は「販売活動内容の見直し」「販売価格の見直し」という手法を考える必要があります。

沖縄で内見希望者が来ないのは、広告内容に魅力が不足しているか、販売価格が高すぎることが考えられるためです。これらを見直すことで内見希望者が戻ってくる可能性があります。

沖縄で内見希望者が思うように集まらない際は、このようなチラシや広告などの販売活動や料金設定の見直しとともに、少しモヤモヤする点があるのであれば、思い切って仲介不動産会社の変更も検討してみてはいかがでしょうか。

☆ 仲介不動産会社の契約については別記事「沖縄で不動産査定後の媒介契約☆注意ポイントと3つの種類」や「沖縄の不動産売買で媒介契約☆書類のチェックポイントと注意点」などでもお伝えしていますので、コチラも併せてご参照ください。

まとめ

内見が止まった原因と対処法

●内見の第一印象によっては即決も多い

●内見前は日々の清掃などの準備が必要

●内見時には売り主が同席した方が良い(売り主の印象も重要)

●3ヶ月~6ヶ月を目安に見直す

●仲介不動産会社との相性も検討する

●対処法①販売活動内容(広告など)の見直し

●対処法②販売価格の見直し

トップへ戻る