沖縄で平屋が人気の理由とは☆ロフトがある住みやすい家

2021/1/1

沖縄で平屋が人気の理由とは☆ロフトがある住みやすい家
沖縄の注文住宅では平屋人気が高いですよね。自由度が高く理想の住宅を建てることができる注文住宅ですが、昔から沖縄では平屋は人気だったものの、近年になって再び人気が高まっています。
 
さらに最近の沖縄の平屋では、ロフトを付ける住宅も多くなりました。
 
ではなぜ、今特に沖縄で平屋人気が再燃しているのでしょうか。またなぜ、沖縄の平屋ではロフトを付ける間取りが注目されるようになったのでしょうか。
 
今回は、沖縄の注文住宅で平屋が人気の理由と、ロフトを付けることでどんなメリットがあるのかをお伝えします。
 
これから沖縄で平屋の注文住宅を検討している方々は、どうぞ参考にしてください。
 

 

沖縄で平屋が人気の理由とは☆
ロフトがある住みやすい家

 

沖縄の平屋は無駄なスペースが無い

沖縄の平屋は無駄なスペースが無い
はじめに沖縄で平屋が人気の理由についてお伝えします。沖縄で平屋人気が高い理由のひとつには、コンパクトで無駄なスペースが無い点です。
 

【 沖縄で平屋が人気の理由①無駄なスペースがない 】
 
☆ 沖縄で平屋を建てる場合、ワンフロアで生活することになるために、居住スペースがまとまります
 
→ 生活動線が短くて済むので生活しやすい家になることが最大の理由です。また、核家族化や少子化が進む現代の住宅に適していると言えます。

 

沖縄は大家族が多いものの、旧暦行事も多く家族が集まる機会が一年中あるために、広いリビングを中心とした、家族がいつも集まるような暮らしに慣れていますので、それぞれの部屋にあまり重きをおかない点もひとつの理由です。
 
このような暮らしのなかでは、2階・3階にそれぞれの部屋があっても、結局あまり活用していなかったりして、ただただ収納のために階段を行き来しなければならない…、などの声も聞こえます。
 

【 沖縄で平屋が人気の理由②家事がしやすい 】
 
☆ 「生活導線が短い(無駄なスペースがない)=家事がしやすい」家です。
 
→ 沖縄の平屋は居住空間がコンパクトになるので、二階建ての住宅に比べて掃除が楽になります。

 

例えば、2階に移動して洗濯物を干すという作業も必要なくなると考えると、とても楽ではないでしょうか。
 
それでも、ひと昔前までは同居や二世帯家族も多かったため、2階建ても多く見受けられたのですが、近年の沖縄では平屋の住みやすさを重視した左右二世帯設計や、近居(近距離に親子世帯が住む)形態が増えたことも一因です。
 

 

沖縄の平屋は安全性が高くバリアフリーを重視できる

沖縄の平屋は安全性が高くバリアフリーを重視できる
沖縄で平屋が人気な理由の二つ目は安全性が高い点です。日本の全国的な傾向に漏れず、沖縄でも高齢化が進んでいます。
 

【 沖縄で平屋が人気の理由③安全性が高い 】
 
☆ 階段がなく階の移動が無い平屋では落下や転倒の危険性が低いです。
 
→ 家庭内の事故の多くは階段で発生していると言われているので、落下の危険が無い平屋は安全面で優れていると言えます。
 
※ また、生活空間の距離が近いため、万が一の事故でも早く発見できる点は大きなメリットです。

 

二階部分で事故が起きても一階にいる人は様子を確認することはできませんが、平屋では異変に気づきやすい傾向にあります。
 
また、最近では郵便局の局員さんや配達員さんが安全の見回りをするサービスもありますが、このような外部の人々にもSOSをより出しやすい環境です。
 

【 沖縄で平屋が人気の理由④バリアフリー 】
 
☆ また、バリアフリーなデザインがしやすいという特徴もあります。後々リフォームをしてバリアフリーを計画している家庭でも、もともと平屋の方がリフォームしやすいです。
 
→ 平屋は階段がないため家の中の段差を無くすことが容易です。また、生活動線が短いため手すりやスロープの設置も限られた場所のみで足ります。

 

沖縄で平屋が人気であるように、お年寄りや小さな子供がいる家庭でも生活しやすい住宅なのです。
 

 

沖縄の拝み事は平屋がベース

沖縄の拝み事は平屋がベース
沖縄では全国的な年中行事だけではなく、旧暦による昔ながらの拝み事も大切にしている地域です。
 
那覇市中心部などではその習慣も無くなりつつありますが、北部や南部地域では、まだまだヒヌカン(火の神様)を台所に祀り、毎月の拝みや年中行事を昔ながらに続けていますよね。
 

【 沖縄で平屋が人気の理由⑤昔ながらの暮らし 】
 
☆ また、お盆や旧正月などは今でも大きな沖縄の旧暦行事ですが、このような拝み事の習わしは、基本的に昔ながらの沖縄の平屋をベースにして、拝む場所や拝み方を表しています。
 
→ そのため、今でも沖縄ならではの拝み事を大切にしているエリアでは、リフォームや建て替えをしても四方の神様へ拝みやすい平屋に立て直すことも多いです。

 

 

ロフトを付けることでスペースを確保

ロフトを付けることでスペースを確保
このように、沖縄では平屋人気が高い傾向にありますが、一方で、沖縄では平屋が好きなものの、現在の暮らしに合わせて勉強や仕事部屋が欲しいと感じる方々も多いです。
 
そこで注目されているのがロフトです。特に2020年の突然のコロナ襲来により、テレワークなどが増えるなかで、仕事部屋としてのロフトを希望する方々も増えました。
 

【 沖縄で平屋が人気の理由⑥ロフトの魅力 】
 
☆ 沖縄で平屋が人気の裏には、ロフトを付けるだけで、スペースを確保できるという点です。
 
→ 沖縄では平屋が人気ですが、どうしても居住スペースが狭くなりますよね。二階建てに比べて部屋数も少なく、生活スペースは小さくなります。
 
※ そこで、ロフトを付けることで住まいに必要なスペースを確保するのです。

 

今沖縄で人気の平屋は、二階を作らない分天井を高く設定できる特徴を上手く生かした設計が多いです。
 
高い天井を設けることにより、広いロフトを作ることが可能なので、収納などに使えるスペースを十分確保できます。
 
しかし自由度の高さで沖縄人気の平屋でも、ロフトの階段を固定型にする場合は間取りが制限されたり、生活空間が圧迫されたりする可能性があるので、この点は理解をしながらプランニングを進めてください。
 

 

ロフトは床面積に計算されない

ロフトは床面積に計算されない
沖縄で平屋にロフトを付けるメリットの二つ目は、ロフトが床面積に計算されないという点です。
 

【 沖縄で平屋が人気の理由⑦ロフトの床面積 】

☆ ロフトは高さなどの条件を満たせば、階として判断されず居室とは異なるため、床面積として計算されません。
 
→ 土地には容積率というものがあり、これはその土地に建てられる住宅の延床面積の割合です。
 
※ 地域ごとに容積率には決まりがありますが、ロフトならば床面積に計算されないため制限されることがないのです。

 

また、固定資産税の課税対象面積にも含まれないため、税金面でもお得な間取りと言えます。
 
 

いかがでしたでしょうか、今回は沖縄で平屋が人気の理由と、現代、沖縄の平屋にロフトを付ける間取りが増えるなか、そのメリットについてお伝えしました。
 
沖縄で平屋人気が高い理由は、家族がリビングなどで集まってくつろぐスタイルの多い沖縄の人々には、家事にも生活にも便利な間取りで、さらにロフトを付けることでより豊かな生活になる点を挙げることができます。
 
住みやすい沖縄の平屋に中二階のロフトスペースを加えることにより、二階建てと平屋の良いとこどりをしているような感覚です。
 
注文住宅を建てる際には、家族の生活スタイルや周囲の環境を加味した上で、沖縄で平屋の建築も考えてみてはいかがでしょうか。
 
☆ 平屋の間取りなどプランニングのポイントは、別記事「沖縄でオシャレな平屋の木造住宅☆快適に暮らす5つのポイント」などでもお伝えしていますので、コチラも併せてご参照ください。
 
 

まとめ

平屋の魅力とロフトを付けるメリット

・平屋はコンパクトで家事がしやすい
・平屋は安全性が高くバリアフリー重視
・ロフトは住まいのスペース確保にぴったり
・ロフトは床面積に計算されない

トップへ戻る